zunra’s diary

すぐ変わる街の風景を残す為のブログだったけど、コロナでどこも行けないので思う事を綴ってます

ヒロちゃんの他界

昨日、母親と父親がうちに来た。孫に会いに来たのだが、あいにく長男は制服の採寸で留守で次男と自分だけが対応した。

その際にヒロちゃんが11月に亡くなっていた事を、サラッと話た。世間話の一部といった感じだった。親達も70代、人の死についてサラッと話すから怖い時がある。。

ヒロちゃんは母親の姉で自分の伯母だ。享年77歳だった。腎臓が悪かったらしい。もう、10年以上入院していた。

ヒロちゃんは母親の実家の山口県で暮らしていた。だから、なかなか会う機会は無かった。自分に子供が出来て、仕事もあると最近は山口県に行く事が出来ないでいる。本当はまた行きたいと思ってはいる。

ヒロちゃんは足が悪く山口の実家で生活していた。

「足が悪いけー、あまり外に出んのよ。」

と言っていた。自分も小学生のころ夏休みに遊びに行くとヒロちゃんと少し話した。

近くの神社に虫採りに行きたいが、ヘビが怖いからついて来てくれと頼んだら、渋々了解してくれた。一緒に神社まで行ったのを覚えている。ヒロちゃんは杖をつきながら舗装されて無い田んぼの畦道や川沿いの道を一緒に来てくれたけど、

「遅いよ!早く!」

と小学生の自分は心無い事を言ってしまった。でもヒロちゃんは笑って着いてきてくれた。

ヒロちゃんは結婚しておらず、ずっと独り身で実家暮らしだった。足が悪くなってからは家からは出なくなって、仕事もしていなかったと思う。なのに、夏休みの終わり、甥っ子の自分に

「何か欲しいものはあるかね?こーちゃろーかね?」

と言ってくれた事があった。

自分は

ゲームボーイのカセット!5,000円ぐらいする!」

と言ってしまった。またまた心無い事を、と只々悔るばかりだ。

「気持ちだけでいいよ。ありがとう。」

なんて言えたら最高だったのに、、、

ヒロちゃんが自由に出来るお金がどれ程あったかなど、考えが及ばなかった。この歳になって、自分もリストラを経験し働かない焦りや心苦しさが身に染みて分かった。肩身の狭いヒロちゃんを思いやれなかった。ずっと家から出られないヒロちゃん。その立場になって考える想像力を少しでも持てていたら、どんなに良かったか。あの時はごめんねという機会はその後来なかった。

「おばあちゃん、歩けんから可笑しいやろ?」とヒロちゃんが笑いながら言った事があった。まだ小学生の自分には何となく首を振って

「そんな事ないよ。」

と言うのがやっとだった。

 

いや、本当はあった。おじちゃんが亡くなった時、自分は中学1年でその時、ヒロちゃんに会っている。お葬式の時にヒロちゃんが号泣していた姿が目に焼き付いている。ただ、中学生になった自分は従兄弟と過ごしたり、近所の人達と話をして「ずんちゃん、大きなったねー!」と言われたりで、ヒロちゃんに声をかける事は無かった。話す時間は作ればあっただろうに。まさかおじちゃんの葬式がヒロちゃんと会う最後のチャンスだとは夢にも思っていなかった。ヒロちゃんは多分、お焼香の時だけ出て来て、あとはずっと部屋にいたと思う。歩けないので火葬場には行けなかった。お部屋を訪ねておけばよかった。

ヒロちゃんが入院した事を知ったのは大学生の頃だった。

その後、自分は就職して忙しくなって、滅多に山口県まで行けなくなる。山口県に家族で行ける事の有り難みをようやく悟ることになる。最後に行けたのは15年前、結婚報告で、妻となんとか行く事が出来た。ただ、結婚報告の時はもうヒロちゃんは病院にいたので、妻はその存在すら知らない。

 

「ヒロちゃんは学生の頃、成績が良かったんよ。」

と死んだおばあちゃんは言っていた。その言葉に、足が不自由で働けず家にいたヒロちゃんを、おばあちゃんはしっかりと自慢の娘と思っていたんだなと感じた。ヒロちゃんがどんな人生を歩んでいたか自分には分からないし、ヒロちゃんを語れる人も少なくなっている。甥っ子の自分に会う時は必ず笑顔で

「ずん君、おおきゅうなって!」

と嬉しそうに言ってくれた。

あまり、してあげられる事は無いけど、自分にはヒロちゃんの思い出があるという事と、こうしてブログに記す事で、あの時の罪滅ぼしというか、今となっては供養になればと願っている。

まあ、ブログに書くのは、ちょっと、いい迷惑かも知れないけれど、何かしらあなたを忘れずに残しておいてあげたいなと思う。

 

付け加えるなら、ヒロちゃんのお葬式の写真を父親が見せてくれて、遺影が大分おばあちゃんでびっくりした。78歳だから当たり前だけど、20年前のイメージのままだったのでかなり驚いた。しかも父親がLINEでそのお葬式の写真を何枚か送ってくれた。

LINEでって、なんか時代だなぁ。と思いつつ、写真は大切にしようと思う。

 

固有名詞の入って無いこの写真なら大丈夫かな。(親戚からご注意をあり次第削除しますm(_ _)m)

f:id:zunra:20211130104742j:image

松戸を歩いてみた

久しぶりに電車に乗り、松戸を歩いてみた。色々変わっていたり、変わらなかったりしていた。

東口のピアザ松戸ビルに入ってるブックオフで漫画から洋服、ゲームを売ったり買ったりしているが、最近はコロナでご無沙汰ぎみだった。

看板や色合いが、松本大洋先生の鉄コン筋クリートみたいで好きな街だなぁ。

f:id:zunra:20211003205450j:image

f:id:zunra:20211010180109j:image

f:id:zunra:20211010180123j:image

改札を出て右手の西口のテラスは大分変わって、なんだか綺麗になった。

エスカレーターも設置された。f:id:zunra:20211010180658j:image

f:id:zunra:20211010180702j:image

f:id:zunra:20211010180806j:image

f:id:zunra:20211010180823j:image

突き当たりに見えるのがキテミテ松戸、旧伊勢丹

f:id:zunra:20211010180712j:image

新設されたエスカレーター。

f:id:zunra:20211010180720j:image

駅の西口か程近い伊勢丹は、キテミテ松戸という商業施設に変わっている。

最上階の丸い回転展望レストランは取り壊しの作業中で足場が組まれている。

無くなるのは惜しいなぁ。

f:id:zunra:20211010203342j:image
f:id:zunra:20211010203345j:image
f:id:zunra:20211010203337j:image
f:id:zunra:20211010203334j:image
f:id:zunra:20211010203340j:image

松戸神社は綺麗に整備されていた。

f:id:zunra:20211010204555j:image
f:id:zunra:20211010204550j:image
f:id:zunra:20211010204548j:image
f:id:zunra:20211010204553j:image
f:id:zunra:20211010204538j:image
f:id:zunra:20211010204541j:image
f:id:zunra:20211010204545j:image

神社から見た旧伊勢丹、現キテミテ松戸
f:id:zunra:20211010204558j:image

坂川も綺麗でハグロトンボが飛んでいた。

f:id:zunra:20211010205307j:image
f:id:zunra:20211010205301j:image
f:id:zunra:20211010205304j:image
f:id:zunra:20211010205230j:image

その後、駅前大通りに戻った。

高砂通りのカレー屋さん「印度」はまだご健在で良かった。

f:id:zunra:20211010210154j:image
f:id:zunra:20211010210157j:image

そのまま駅前大通りを流山街道(旧水戸街道)まだ歩き、右に曲がった。

 

確か、イワキメガネがあった所に、現在はスーパーのアコレが入っていた。

f:id:zunra:20211010210938j:image

f:id:zunra:20211010210944j:image

イワキメガネの向かいにあった長浜ラーメンもマンションになったようで、もう無くなっていた。うまかったのに。残念。東北の震災の日にここは営業してくれていた。その時初めて入った。独特の獣の匂いがする豚骨ラーメンで、最初は抵抗があったけど、一度食べたら病みつきになった。

「臭いラーメン屋は美味いんだよ。」

タモリさんが言っていた名言の意味がわかった。

マンション見ながら店の外にまで広がる獣の匂いとラーメンの味を思い出したけど、もう無いのかぁ。

f:id:zunra:20211010211016j:image

f:id:zunra:20211010211022j:image

その後、松ノ木通りと流山街道の交差点まで歩いた。とんかつ和幸の奥にロイヤルホストが見えた。

f:id:zunra:20211010211410j:image

交差点を右折してダイエー方面に行った。

ダイエーもまだ健在でホッとした。

f:id:zunra:20211010211650j:image
f:id:zunra:20211010211730j:image

ダイエーに行く途中、右側にラーメン二郎があり、お客さんが並んでいた。

ただ、向かいのラーメン屋さんの鳥福はもう閉店して看板も無かった。さっぱりした醤油ラーメンで凄く好きだった。お会計の時、レジが古くて味があって、確かレジの上に豪華な熊手が飾られてて、店の雰囲気にあっていた。レジや熊手はもう無いのだろうか。急に寂しくなった。店のご夫婦は元気だろうか。

ちょくちょく行った角のモスバーガーも残念ながらなくなっていた。
f:id:zunra:20211010211725j:image
f:id:zunra:20211010211727j:image

ダイエーダイエーの前の公園もまだあった。ただ、公園で将棋を指すお爺さん達は一人も居なかった。何処に行ったのか、無性に不安になった。多い時は10人ぐらい集まって将棋をしていたのに。

f:id:zunra:20211010212204j:image
f:id:zunra:20211010212213j:image
f:id:zunra:20211010212207j:image
f:id:zunra:20211010212202j:image
f:id:zunra:20211010212210j:image

公園の横の映画館はもう無く、病院と薬局になっていた。

ここの映画館は随分前に無くなったそうだ。トイストーリーのウッディがいた記憶があるけど、もう面影は無い。

f:id:zunra:20211010212443j:image
f:id:zunra:20211010212445j:image

最後に、駅に向かう途中、よく利用していたガストが無くなっていて、ガストは東口にもあるけれど、少しショックだった。

f:id:zunra:20211010213124j:image

f:id:zunra:20211010213129j:image

f:id:zunra:20211010213225j:image

 

思い出した事があったら、また追記します。

今日の仕事は、楽しみですか。

品川駅のコンコースに「今日の仕事は、楽しみですか。」という広告がズラリと並び、炎上し、出稿したアルファドライブ社が不快な思いをさせたと謝罪し、広告を取り下げた。

 

色々な意見が飛び交う中、自分はなんとなくホッとしてしまった。いや、それではダメなのは重々承知だが、この広告を見て、今の仕事に疑問を持つ人がいて、自分だけではないんだなと言う、めちゃくちゃ後ろ向きな安堵感があった。辛いなと思いながら働いている人は多い。働き方改革って言ってもなかなか自分を楽しませる働き方をさせて貰えた事はない。自分が楽しくないと思っていると余計に疲れる。意欲も出ず効率も給与も上がらない。なので残業し時間でカバーしようとして、結局疲れが溜まっていく。身体も心も病んでいく。と考えさせてくれる広告だった。この広告は深いなぁ、それを短い言葉で見事にまとめて凄いと脱帽し感心さえしてしまった。

そもそも、良くも悪くもなのだが、もう20年以上社会人をやっているが、楽しい!と思える会社で働いたことが無い。そんな所、あるのだろうか。仕事は辛くて当たり前と言う変な常識に自分は囚われてしまっている。

何処かで変えなければ。悪循環を理解しているなら。楽しみとは程遠い現実を理解しているなら。と自分に言い聞かせてはみるものの、家族がいて動けなくて、どうする事もせず、また胃を押さえながら1週間を過ごす事になっている。

仕事は人生の大部分を占めるが、その事を考え無いようにして自分は逃げて来た。この広告にそれを気付かされた。

何だか、自分がそうしたのに、楽しむ事を許してもらえなかったような、焦りが込み上げてきた。

悲しいかな、それが他に道なき40代の現実…

 

もうすぐ今日が終わる♪

やり残したことはないか♪

 

最近、この曲を1日の終わりに、ついつい口ずさんでしまい、子供も覚えてしまった。

子供がすねると

子供がよくすねる様になった。自分も強く叱りすぎて反省する事があるけれど、やはり、口数が少なくなってしまった子供と接するのは辛い。時間が経つと忘れてしまうのだけれど、この口数が少ない奥田民生の『息子』タイムはモヤっとした気持ちになる。

自分も親と口を聞かない時期があった。父も母もこんな気持ちだったのか、と実感している。

成長したなぁ。でも、寂しいもんだな。

こちらから怒ってごめんと謝り過ぎると、親が謝るのが当たり前になってしまうから、良い感じで距離を取らないといけない。

父親は楽しい、息子は自分の命より大事な存在だとはっきり分かる。だからこそ甘やかさず厳しくなってしまう時がある。

結婚して子宝にも恵まれて、父親の気持ちがやっと少し理解できて、本当に、この人生に感謝しなきゃと思う。

息子にも、結婚して子供が出来たら、自分の気持ちを共感してもらえるだろうか。

孫の顔が見たいと言う人の気持ちが分かってきた。

蛙亭が2021キングオフコント優勝(俺の中で)

ネタバレ注意、まだ2021キングオブコントを見てない方は読まないで下さい。

 

2021キングオブコントが終わった。

蛙亭がトップバッターで、いきなり凄いコントをやってくれた。我々、観客の気持ちをぐらぐら揺さぶるコントをたった3分程度で繰り広げる事が出来るのかと、ホントにただただ驚いた。自分はコメディを愛し、コメディアンを尊敬しているという自負があったが、蛙亭にコントの奥深さを見せてもらって、自分はまだまだなんだなぁと呆然とさせられた。

観客を思いっきりドン引きさせるところから始まり、母親への悲しみ(刹那さ)、人に褒められる喜び(可愛らしさ)、母を守る正義(格好良さ)、母に連れられる子供らしさ(愛情)。こんなのコントであって良いのだろうか。何を自分が見てるかよく分からなくなった。

母親の感情の起伏も観客を揺さぶった。緑の液を吐く子供を認められない恐怖と戸惑い。撃たれる子供をひろしと呼ぶと一気に母になり、愛情が芽生え、子供に命懸けで守られ、その子のドロドロの手をしっかり握り連れて行く姿。

それら全部がどう転んでも面白く笑わされた。

全部のパンチをもらってしまった。もう立てないぐらい自分は打ちのめされた。

中野さんが「トップバッターに相応しいネタだったと思います。」と開口一番発していたが、それは絶対違う。あのネタはラストでやるべきだった。トップバッターは本当に勿体無くて、もう勝手に悔しくて腹が立っていた。

蛙亭の2本目、見たかったなぁ。空気階段と張り合って欲しかった。

蛙亭は俺の中で優勝で、愛が根底にあり、観客を揺さぶりまくり、全てが笑いにベクトルが向いていて、羨ましいかった。

3分の隙のないコントと言う表現。自分が作ろうとしてもどう頑張っても届かない世界の話なのだけれど、蛙亭にはまた見せて欲しいと願って止まない。あの短い時間で何処までも表現出来るんだな。こんなもんだろうなんて限界を勝手に決めたら失礼に当たる。

自分の様な貧乏人に優勝と言われても、一銭にもならないけれど、蛙亭のあのコントについては、もう、書かずにはいられなかった。

お笑い好きで本当に良かった。

ありがとう蛙亭のお二人!素晴らしいコントでした‼️

結婚について

結婚についは、させて頂いている身でありながら、いささか疑問に思う時がある。自分は結婚したけれど、しない方が幸せだったのではないか。自由な時間やお金を自分の為に使い、子育てなどのプレッシャーが無ければ、もっと楽しく生きられたのではないかと漠然と思ってしまう時がある。あと、人に結婚した事で良かった事は?と聞かれて言葉が出なかったりする。

結婚して後悔している訳ではないけれど、しないで自由に生きていられたらどんなに楽かと思ってしまう時がある。

そんな時にふと思い出す光景がある。

義理の母が日が暮れて暗い中、公園を横切って駅に向かう光景だ。自分はまだ幼い長男を抱っこしてマンションの6階の廊下から見えなくなるまでその姿を見ている。義理の母は時々こちらを見て手を振り、自分は会釈して、長男は手を振り返す。

これは下の子が生まれて妻が入院していた4日間の出来事だった。義理の母が毎日うちに来て、家事を全てこなしてくれた。ご飯を作り、洗濯して、妻の洗濯物を引き取り、替えの着替えを届け、買い物して冷蔵庫に詰めて帰って行ってくれた。幼い長男を自分が一人で見られるか不安だったけれど、義理の母のお陰で何とか耐えられた。

義理の母がいなかったらと思うとゾッとする。

義母は自分の家でも家事をするから、いつも足早に帰って行った。

自分は仕事と育児でバタバタしてて義母には何もせず、ありがとうございました。と言うことが精一杯だった。

義母はごくごく当たり前と言った感じで、自分達を助けてくれた。だが、自分は義母とは血が繋がっている訳ではないし、ちょっと不思議な感覚に囚われる時があった。どうしてこの人はこんなにしてくれるのか、と思って、ふと我に返り、自分は義理でもこの人の息子なんだよな、と思ったりした。

この、義理の関係でも本当にありがたく、この人は自分のお母さんなんだなぁと思えた事が、結婚の醍醐味だと自分は思う。

気をお互いに使う事が沢山あるので、馴れ馴れしくお母さんと書くと、ちょっと変な感じがするけれど、家族になったんだと思えた瞬間に気付けた事が結婚して良かった事なのかも知れない。

 

まあ、まだ親孝行や恩返し、あの時冷蔵庫に詰めてくれた物の食費の返済は出来てないけれど、この人達と家族になれて良かったと思う。

大谷翔平と敬遠

野球のルールで「敬遠」と言うのがあるけれど、アレはやめた方がいいと思う。

大谷選手が怖くてメジャーリーグのピッチャーでさえフォアボールで逃げてしまう。本当にアレは卑怯で格好悪い。正々堂々勝負して打たれる方がよっぽどカッコいい。特に申告敬遠は大谷選手によって初めて知ったけれど、スポーツマンシップのかけらもない制度だ。

多分、一番傷つくのはピッチャーで、場内のブーイングを浴びて、負けを認めて、試合後に叩かれて、精神的に強くなければやってられ無いと思う。「勝負出来ないなら辞めちまえ!」とか、言われてるだろうなと思うといたたまれない。

ただ、ヤジを言う観客の気持ちも分かる。そのチームや選手を応援してお金を払ってグッズやチケットを買って、時間を使って試合を観ているのに、敬遠で勝負しませんでした、となれば誰でも怒る。子供でも怒る。

隠し球も訳分からんルールで納得いかないけれど、ちょっと面白いからスルーしていたが、敬遠は勝負の世界で無いわぁ。と思ってしまう。

コントロールが定まらずフォアボールが出る場合もあるので判断は難しいけれど、せめて申告敬遠は情けなさ過ぎてピッチャーもバッターも観客も可哀想なので直ぐにやめてほしい。

子供に大谷選手が敬遠される度に説明を求められ、ガッカリされる。最近は野球を観たがらないので助かっている。

敬遠と言えば、星稜高校の時の松井選手が甲子園で、5打席連続敬遠で勝負して貰えず負けた試合を今でも思い出す。あんな勝ち方でピッチャーは一生言われるし、「作戦なので仕方ないです。」とキッパリ言った松井選手にも、大人に言わされてしまって可哀想だなと思って、悲しい思い出が残っている。野球頑張った高校球児にあの仕打ちは酷すぎた。スタンドから投げ込まれたメガホンや紙コップで試合が中断したけど、あの光景は高校球児にとってトラウマになっただろうなぁ。

 

話を戻すと、結局言いたいのは、ちゃんと勝負してくれ、メジャーリーガーの皆さん。子供に観せられる野球してくれ!という事でした。

 

日本語ではメジャーリーガーの皆さんには伝わらないけれど、切実なので記しておきました。